閉経を迎えた女性はどうなるの?その兆候と閉経後の体の変化

ごきげんよう!冬美姐さんです。

日本人女性の閉経の平均年齢は約50歳ですがその前後5年が更年期にあたります。
40代半ばを過ぎ、生理が不順になってくると「もう生理がこないかも…」と閉経を意識し始める人も多いことでしょう。

閉経しましたけど何か?

生理が終わったら「もう女ではなくなる」「ほんとうのおばぁちゃんになってしまう」などとネガティブな気持ちになってしまいがちですが、生きている限り誰にでもやってくる自然の摂理であることは間違いありません。

要はネガティブになっても仕方のないことなんです。ネガティブになればなるほど老け込む可能性は大!
だったら受け入れてポジティブに前を向いたほうがいいと思いませんか?

実際、「閉経して解放された」というポジティブな意見も多いのです。

今の40代、50代は昔に比べて老化を実感しない人が多くなっています。周りを見渡してみても、40代、50代、60代、若々しい人が多いですよね。

若々しい人に共通していることは「精神的充実度」が高いことではないでしょうか。

子育ても終え、自分のこれまでの役割からある程度解放される年代、次の目標を作り自分のために楽しみを見つけることも今までよりは容易になってきたのではないでしょうか。
好きなことや趣味、やりがいのある仕事を持っていて精神的に充実している人はやはり若々しいものです。

「閉経しましたけど何か?」です。

急に生理になって困ることもなければ旅行や温泉もいつでも行けます。

わずらわしさから解放されたのですからもっと前向きになりましょう。

でもただ単に、「解放されてよかった」だけではいけないことは心がけておいてほしいのです。

閉経したということは私たちの体はもう女性ホルモンの恩恵を受けれなくなっているということです。ということはさまざまなリスクを抱える可能性が大きくなったということ。

体は着実に老化していっているわけですからきちんとケアしてくことが大切です。

そのためには、どうなったら閉経なのか、閉経したら体はどうなるのかをきちんと理解しておく必要があります。

「閉経しましたけど何か?」と余裕を持ちながらもきちんとケアはしている、これが理想ではないでしょうか。

では、生理がどのくらい来なかったら閉経なのでしょうか?
そして閉経の兆候やその後の様子も探っていきましょう。

閉経とは?

生理が永久的に来なくなることを「閉経」といいます。
WHO(世界保健機関)によると「卵巣いおける卵胞の消失による永久的な月経の停止」とされています。

日本人の閉経の平均年齢は約50歳ですが、40歳を過ぎて1年以上生理が来ない場合、1年前の最終月経の年齢が閉経年齢となります。

生理が初めて来る初潮の年齢がだいたい12歳くらいなので、女性は約38年くらい生理があることになりますが、閉経年齢は個人差が大きく早い人は30代で来る人もいるそうです。
逆に60代まである人もいて最近では閉経年齢も高齢化がみられるそうです。

生理不順なのか閉経なのかを判断するのは難しいですが、最後の生理から1年たっても次の生理が来ないと閉経と判断されるようです。

冬美の場合

冬美はもともと、生理の周期が長く不順でした。ところが40代半ばを過ぎたあたりからやたらと規則正しく来るようになりました。
そもそもそれが更年期の始まりだったのかなと今では思いますがその時はさほど気にすることもありませんでした。

その後も順調に生理は来ていましたが、ある日突然生理が来なくなりました。前触れらしきものもほとんどなく、来なくなる前の生理の量が極端に少なくすぐに終わったのを覚えています。

「とうとう…」と思っていたらなんと1年後に急にやってきました。
それも若い頃と何ら変わりなく、普通の量できっちり5日間ありました。53歳3ヶ月の時です。

はい、それが本当に最後の生理でした。
よくだんだんと…などと聞きますが冬美の場合

「急に終わって1年後に急に普通に来てまた急に終わる」

という何とも不思議な終わり方でした。

かかりつけの婦人科の先生に聞いたところ、そういう人もいるとのことでしたが自分ではちょっとビックリでした。

冬美の様に、突然生理が来なくなってそのまま閉経という人もいますがけっこう稀なケースではあるようです。
次は、一般的な閉経の兆候はどんなものか探っていきましょう。

閉経の兆候

生理は約28日周期で5日~7日くらいあるというのが基準になります。
毎回、このくらいの周期で生理がきていた人も閉経が近くなると間隔が空いてきます。
2~3ヶ月生理が来なくなったりになり、それに伴って日数も3日で終わったりというように短くなる人が多いです。

徐々に生理と生理の間隔が空いて長くなるパターンが多く、経血の量も徐々に少なくなっていくことが多いようです。

逆に1ヶ月に2回来たり量が多くなったりする人もいます。冬美も経験ありますが経血に大きな塊が混ざることもあります。

このように閉経の兆候はかなり個人差が大きく、こうなったら閉経というような決まりはありませんが何らかのサインが現れることは確かなようです。

閉経の確認方法は?

生理が来なくなって1年たてば閉経であることの目安になります。

しかし、これも必ずしもそうではなく1年以上たってから再開する人もいます。50歳前後であれば1年間生理がないと閉経の可能性がかなり高いですが、年齢が若い場合は注意したほうがよさそうです。
40代前半で閉経する人もいますがそういう場合は生理不順との区別がつきにくいからです。

では、自分で閉経を確認するにはどうしたらいいのでしょうか?

基礎体温をつけてみる

基礎体温は主に排卵日を知るためにつけるものですが、閉経の兆候があるということは排卵がなくなったことを意味します。
なので、基礎体温をつけてみると閉経したかどうかの検討がつくというわけです。

排卵があると基礎体温が上昇する高温期になりますが閉経している場合はこの高温期がなくなります。
高温期がある場合はまだ閉経していない可能性が高く、高温期がない場合は閉経した可能性が高いということになります。

病院で検査してもらう

しっかりと確実に調べたいのであれば病院で検査してもらいましょう。

・女性ホルモンの元になるエストラジオールの血液中の濃度を調べる検査
・卵巣に刺激を与えるホルモンの濃度を調べる検査
・卵巣の状態や卵子がどれくらい残っているかを調べる検査

などがあります。

冬美は問診で閉経と診断され詳しい検査はしてません。
よほど気になることがなければ過剰な検査は必要ないかもしれませんが担当の医師とよく相談してみましょう。

閉経後の体の変化は?

女性の体は女性ホルモンのおかげで保たれている部分が多く、女性ホルモンの分泌が大幅に減る閉経後は体にさまざまな変化が現れだします。
閉経後の女性の体の変化について探っていきましょう。

肌、髪

女性ホルモンの重要な役割のひとつが肌や髪の美しさを維持することです。閉経後に肌や髪の急激な変化やトラブルを感じる人は多いです。

<肌の主な変化>

・全体的にたるみが目立つようになった
・しわが増えた
・乾燥するようになった
・シミができやすくなった、濃くなった
・まぶたがたるんできた
・顔色がくすんできた
・吹き出物やかゆみなどのトラブルが増えた


<髪の主な変化>

・白髪が増えた
・髪が細くなった
・髪の量が少なくなった
・髪が乾燥する
・髪が痛みが激しくなった
・くせ毛になってきた

急激な衰えを感じている人はやはり少なくありません。でもきれいを保つ努力を始めるきっかけになり何らかの対策を始める人も多いようです。
化粧品やシャンプーをいいものに変えてみたり、サプリメントを服用したりというようなことから始めてみるのもいいかもしれません。

体形

体形も急激に変化します。体全体、特にお腹周りがたるむなど、閉経後は太りやすくなっています。

<体形の主な変化>

・お腹がぽっこり出るようになった
・全体的にたるんだ
・急激に太った
・お尻が下がってきた
・二の腕が太くなった

このように目に見えて体形はどんどん変わっていきます。女性ホルモンには脂肪や食欲をコントロールする働きもあります。
女性ホルモンが減ってしまい、脂肪も燃えにくくなり体に蓄積されやすくなります。食欲のコントロールもできなくなり何もしないとどんどん太るということになりかねません。
ウォーキングや簡単な体操などを習慣にするようにしましょう。

骨粗しょう症

女性ホルモンは骨の生まれ変わりを正常に保つためにも活躍しています。閉経後の女性は女性ホルモンが減り骨粗しょう症のリスクも高まります。
骨粗しょう症の患者は女性が多く、閉経の平均年齢の50歳くらいから増えるというのもうなずけます。

閉経後の性生活

閉経後は膣の粘膜が弱くなって分泌物が減少するので委縮して堅くなり乾燥しやすくなります。
そのため、性交時に痛みを感じたり出血を起こす人もあります。
更年期により、女性ホルモンの分泌が減少することが原因で生じますが心理的な原因も加わり原因は多岐にわたります。
性生活に関しては、パートナーに状況を説明し、協力してもらうことも大切です。

閉経後の病気への影響

閉経後は風邪をひきやすくなったなど体質が変わってしまう場合もあります。
コレステロールを制御したり血管をしなやかに保ったりなどこれらの働きが閉経後にはあまり期待できなくなりますのでさまざまな病気のリスクも高まります。

まとめ

閉経を迎えると自分の中で変化していくことの多さに驚きを隠せないのではないでしょうか。
今まの常識が通じなくなり、体形もみるみる変わり着ていた洋服が入らなくなる…

これまでは女性ホルモンに守られてきた体ですがこれからは自分で守っていかなくてはなりません。
そのためには自分の体の変化をしっかりと自覚し備えていくことが大切になってきます。今まで以上に体をいたわり大切にしてあげましょう。

精神的な充実度が高い人ほど女性ホルモン力をキープできているともいわれています。

閉経によってわずらわしさから解放されたことをポジティブに受け止め、これからは自分がしたいことをどんどんしていきましょう。

それでは

どうぞお元気でお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする